So-net無料ブログ作成
三軒茶屋にて ブログトップ
前の10件 | -

なんじゃもんじゃ [三軒茶屋にて]

愛犬のお散歩tago 8.59.32.jpgルートの一つ「小泉公園」。公園の中央にある「なんじゃもんじゃ」が開花しました。大好きな花ですから、毎年この時期には毎日のように見にゆきます。枝ぶりも良くて、もう少ししてお花が満開になると、まるで雪が積もったように、真っ白になります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私は東京都民ですから [三軒茶屋にて]

東京都都民の一人として今回の辞任は喜ばしいことです。僅かとはいえ、私の血の滲むような税金を氏のお小遣いに差し出したくはありません。12月の選挙にどんな人が立候補するのか不安です。多くの女性との浮名を流した人はまた立候補するのだろうか、心配。

都知事だった方は、マイノリティがお嫌いでした。恵まれた障害の中でマイノリティの人に巡り会う機会もなく、ましてやそういう人たちの悲しみや苦労にせっすることもなくすごしてきたのでしょう。
ある意味「欠陥人間」ともいえましょうか。
http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/696.html 
http://tr.twipple.jp/p/53/ac480e.html

この親子のニュースを目にするだけで、力が抜けてゆきます。先日TBSラジオのDIGでも都知事だった人についていろいろ話していましたが、「やっぱり そういうひとだったのね」と思いました。 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

図書館の児童書コーナーにて [三軒茶屋にて]

家からバスで世田谷区の中央図書館の行く事ができます。中央図書館と言うくらいですから、ご本がいっぱい、そして広くて静かで最高です。
今日は平日の午前中でしたから、児童書のコーナーにはだーれもいません。私はゆったりと絵本をみてあるき、楽しそうな絵本をパラパラめくっていました。英語の絵本コーナーにも素敵な絵本がありましたが。読めない。でも絵が導いてくれたので、楽しく見ていました。その隣はなんと韓国語の絵本コーナーでした。世田谷図書館も努力しているようです。 
児童書のコーナーには大人も楽しめる雑誌や書籍が沢山あります。お料理や手芸の本もあるのです。ビクリしました。お料理の本はとてもわかり易く美しい写真がついています。十分大人でも参考になります。
科学のコーナーはドキドキするほど楽しい本がどっさり。月刊雑誌も魅力的で、思わず年間購読したくなります。
児童書だなんて決して馬鹿にしてはいけないわ。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ゴミ処分のマナー [三軒茶屋にて]

近所のローソンというコンビニの店頭に置いてあるごみ収集の箱に「家庭ごみ、犬のフンを捨てないでください」と書いてあったので、びっくりして店員さんに聞いてみました。犬のフンは中年の女性が多いとのこと。あたりを見回して人のいないのを確かめて犬のフンを捨てて行くのだそうです。それも一人や二人じゃないのですって。本当に驚いた。家庭ごみはあちこちに張り紙しているから知っていたけれど、犬のフンまで。
重たいわけでも、がさばるわけでもないのだから、家まで持ち帰るってなんでもないことだと思います。
あたりを見回す必要なんてないではありませんか?
同じ愛犬家として寂しく悲しいことです。
ローソンではカメラが設置されているので、捨てていく人の映像があるのだそうです。私は「その写真をあのゴミ箱に貼ったら?」って提案したら、「そこまではしたくありません」とおっしゃる。そうか・・・・・。
この店員さん、おーなーさんの優しさにこたえてほしい。 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

馬事公苑 [三軒茶屋にて]

三軒茶屋からバスで10分ほどのことろに「馬事公苑」があります。10年も住んでいて一度も行ったことがありませんでした。5月の連休はホースショーというイベントがあり、馬に乗ることが出来たり、まじかにみたり、ショーがあったりするらしい。
仲良し4人組で見学に行きました。お天気が良くて、暑いくらいですが、緑が多いのでとてもさわやかでした。
私たちはいろいろな髙さの障害物を飛び越える競技をみました。男女の、中学生から年配者まで、数十人の選手が各種の障害物を飛び越える競技です。
まじかでみると、ビューティフル。競技の細かいことはわかりませんが、一番高いハードルを越えると拍手がわきます。「人馬一体」という言葉通り、馬と騎手が呼吸を合わせて鮮やかに飛び越えてゆきます。素敵!

実は仲良し4人組のうち3人は午年。そのせいか私たちはお馬さんが大すきで、「動物の中で馬が最高に素敵」「なんたって気品があるよね」「とても賢いよね」「あの目がたまらない」と賛美が尽きない。 

一昔前は馬が荷車を引いて町を歩いていました。私も小さいときにみたときがあります。でも、最近は全く見ることができません。でもね、実は馬が道路を歩くのは禁止されているのではないらしい。今でもちゃんと車道を歩けば問題ない。だけど馬はアスファルトの道が嫌いだし、隣を走る自動車が怖いので、実際に町では馬は歩けないのね。

そうそうついでに「野次馬」ってどんな馬? トシをとった馬「親父馬」のこと 。若い者の後をぞろぞろついて歩き、うるさいだけでなーんの役に立たない馬のこと。
おお! わたしのことだぁ! 気をつけなくちゃ。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

お花見 [三軒茶屋にて]

今朝のお散歩は少し足を延ばして北沢川緑道にお花見に行きました。ここはお花見の名所です。
昔は上北沢から目黒川にそそぐ川でしたが、埋め立てて緑道になり、片側にはちょろちょろとせせらぎが流れています。両側にはパンジーや雪柳や水仙などが植えられていて、このあたりの町内会の人たちのご努力でとても美しく保たれています。
今日は日曜日でお昼頃からグループでお花見を予定しているらしく、例のブルーシートや段ボールなどで場所取りがされていました。いやはや
これはいただけないですね。先日の駒沢公園もそうですが、なんで桜の木の下に、あの雰囲気を一瞬にしてぶち壊すブルーシートなんぞを敷いてお弁当をたべるのだろうか?せめて透明なビニールか個人個人小さなお座布団にしてほしい。
といいつつ人様の敷いたブルーシートを貸してもらった私ですが・・・・。

sakura.jpg

 この桜の下の宴会は日本独自のセレモニーで、ワシントンポトマック河畔の桜並木では見ることはないそうです。

年を重ねると、「来年も桜を見られるかしら?」とか「あと何回お花見できるかしら?」思うようです。 
私も実はそう思いつつ桜を見上げました。なぜ桜なの? 普通お花は1年1回しか咲かない。別に梅だって、タンポポだって、チューリップだってよいわけですよね。その上「桜はぱっと咲いてパッと散るから潔くてよい」なんていいますが、朝顔なんて朝咲いて夕方にはしぼんじゃうし、我が家の天使のラッパは桜よりも寿命が短く3,4日で落ちてしまいます。
どうも、日本人は「桜」を依怙贔屓している気がする。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再び世田谷警察にお邪魔する [三軒茶屋にて]

私、世田谷警察に何度行ったかしら? 多分クレーマーかもしれない。
そうであれば、徹底的にクレーマーになろうかな?

今日は家の近くにある自転車置場に長い間汚らしく置いてある自転車とバイクがあって、そのバイクに「移動しないと警察に訴える」と書いてあったので、どうなったのか聞きに行きました。だってそこは私たちがゴミを置かせていただいている場所で、私は少しでも綺麗にしたいと、プランターにお花を植えたりしているのだもの、半分壊れているバイクや自転車なんて置いてほしくないから。

世田谷警察に愛犬のお散歩ついでによりました。入口の前に二人のおまわりさん(警官?)。
「こんにちわ」と私。「どんな用件ですか?」とい聞いた おじさんはすごーく怖い顔! 
「そんな怖い顔しないでくださいよ」といったら、「すいません。こういう顔なんです」だと。
それで、捨てられているバイク(携帯電話で撮影した写真を見せて)の話をしたら、「敷地内なので、道路にでていないから警察ではどうしようもないから、ビルの管理会社に言ってください」とアドバイスをしてくれました。
その間愛犬リルケがいつものとおり、その怖い顔のおじさんにじゃれている。怖い顔のおじさん(警官?)もリルケをなんどもなんども撫でてくれる。リルケはとても幸せそう。
制服のおズボンをよごしているかも。「怖い顔をしているけれど、犬にはやさしいのね」と言ったら、「すいません。こういう顔で・・・・」とすまなそうに言う。
そうか、許してあげよう。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

警察署前にて [三軒茶屋にて]

今朝愛犬の散歩で世田谷警察に通りかかったら、脚立に乗ってでっかいカメラを抱えている男性を発見(TBSのネームを貼った脚立だった)。「何撮影しているの?」と聞いたら「重大犯が出てくるのを待っている」とのこと。
おお!面白そう。私は愛犬を伴い警察の表玄関へ。
可愛い女性が門番のように立っている。「重大犯人が出てくるの? TBSの人がいたわ」と聞いたら、「重大かどうか分からないけれど・・・・」それはともかく、愛犬リルケは彼女にじゃれつく。彼女は犬好きらしくて「かわいい!」とやたら喜んでリルケを撫でる(いいのかなぁ、勤務時間だよ)。
「私も犯人見たいから待ってよう」と言いながら、その後あれやこれや彼女としゃべっていたら、また一人の女性が出て来て「かわいい!」とリルケを撫でる。リルケは男の子だから女性が大好き。嬉しくて彼女にもじゃれる。そのあと、一人のイケメンの男性が出てきた。リルケはまたもや大喜び(男性でもいいみたい)。
「可愛いスネ」とリルケを甘やかす。私も彼にじゃれてみたいけど・・・大人だから慎む。
というわけで3人の警察官と一人のばあさんと、一匹の犬の前を1台のバスが通った。
「あのバスの中に犯人がいます」と彼女が言った。
「おお!」しかしバスの中は全然見えない。
3人と別れて歩いて行ったら、先程のTBSのカメラマンがカメラと脚立を担いて歩いていた。
私:「犯人の写真とれた?」
カメラマン:「一応玄関をでる時取れました」
私:「どういう犯人?」
カメラマン:「詐欺らしいですよ」
私:「ふーん でも、放映されるかどうかわかんないよね」
カメラマン:「そうですよね」

こんなふうにニュースの現場があり、メディアがワサワサ動きまわり、関係ないばあさんが 時間つぶししてるみたいです。

世間ってとっても面白い。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ボロ市 [三軒茶屋にて]

世田谷のボロ市は結構有名で、遠くからも見に来るようです。boroichi.gif私が小学校5年生くらいの頃、母に連れられてボロ市に行った記憶があります。当時の記憶は何しろ子供ですから、少しも面白いものではありませんでした。確かに「ボロ市」という感じでした。
それから60年、今はボロ市は一大イベントで、かなり有名です。世田谷から神奈川県に移転して、50(!)年ぶりに戻ってきましたが、ボロ市には行っていませんでした。
1月14日朝8時頃、たまたま犬の散歩をしていたら、何やらテントがある通りに来て「?」と思ったら「ボロ市」会場のはずれだったのです。まだ開場前なので、品物を並べたり準備をしている最中でした。
骨董品あり、古着あり、懐かしいブリキのおもちゃやクレパスや学用品あり、そして和綴じの国語の教科書などもあり、びっくりです。
私は箸と小さなくま手を買いました。開場前の時間帯がお勧めです。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

謹賀新年 [三軒茶屋にて]

New Year.jpg

2012年がスタートしました。お天気も良くて幸先の良いスタートです。
とはいえ、昨年起きた地震と津波からの復興はともかくとして、フクシマ原発はどうして「収束」などと言えるのか、頭をかしげるしか有りません。ラジオで視聴者から「辞書の<収束>という箇所にマーカーをして野田さんに送りつけるべき」という意見があり、おもわず手を叩いてしまいました。

暗い話はとりあえず、脇に置いておいて、明るいお話をしたいのですが・・・・・。近いうちにぼちぼち探してみましょう。

元旦の朝、いつものように犬と散歩をしていて発見しました。材木屋さんの店頭です。すごいでしょ!。高さは3メートル位ある材木が並べられていてそこにこのように絵が描かれています。それもお店の両脇にです。こういう材木が正月用に入荷したのかそれともこのお店の方が描いたのかわかりません。材木屋さんが開いているときに行って聞いてみようと思います。 


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 三軒茶屋にて ブログトップ