So-net無料ブログ作成

上田から塩田平へ [旅]

上田に信濃デッサン館という小さな個人美術館があります。今は姉妹館である「無言館」で有名です。美術館もさることながら、併設するコーヒーショップからの塩田平の眺めが大好きです。名物のシナモントーストとコーヒーをいただきながら、ぼんやり眺めていると「由緒正しい日本の風景」という気がします。
桜はすでに終わっていましたが、しだれ桜が満開でした。
sakura.gif
上田から出ている別所線は廃線寸前のところ、なんとか地元や全国のファンの運動があり、現在赤字ながら営業しています。
目的地の近くの駅から白い制服を着た駅長さんが乗ってきて、なにやらプリントをくばってくれました。なんだろうと思ったら、歌の詩がかかれています。
駅長さんは「ご一緒にと歌いましょう!」とご自分はハーモニカを取り出しました。乗客全員で「ふるさと」を歌いました。
bessyosenn.jpg
がんばれ別所線!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

復活祭 [旅]

今日は復活祭です。キリスト教ではクリスマスよりも大切な日です。
昨年私はフィレンツェの復活祭のお祭りのスコッピオ祭を見学しました。
色とりどりの民族衣装を着た行列がドゥーモ広場に集まります。

そして各地の旗を掲げたパレードが集まり、旗を投げたり受けたりする曲芸(?)が披露されます。

そしていよいよフィナーレ。お花を飾ってもらった(本人は迷惑そうでしたが)牛が山車を引いてきます。
その山車に仕掛けれらた花火に鳩で火が点火されて、盛大に花火が打ち上げられます。
昼間ですから、日本の花火のように色とりどりではありませんが、仕掛けがあって面白いです。
最後に山車の上に仕掛けられていた旗が開いて大歓声ウチに終了です。

1年前私はフィレンツェにいたのでした。楽しかったなぁ。
今年は選挙に行きました。大切ですが、つまんないです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

青海チベット鉄道 [旅]

青海チベット鉄道というテレビの番組をみました。中国・西寧からチベット自治区のラサまで約2千キロを26時間かけて走る。標高の最高地点はタグラ峠で5072m(世界一)、大半は標高4000mの高原を疾走する。いやはや見ているだけでくたびれました。凍土の上にレールを敷くための工夫もされていて、半永久凍土の上の鉄橋の橋脚はなんと地下30mまで掘り下げられているそうです。最先端の技術の結晶。単線のために上下線路切り替え地点では太陽電池の電気を利用しているとか。
列車の外はマイナス20度、銀色の世界。車内は酸素濃度をコントロールしてあるものの、酸素吸入装置もある。
乗客の中にはラサにあるチベットの聖地ボタラ宮(ダライ・ラマの宮殿)を訪れる家族連れがいたり、新しい市場で勝負するビジネスマンもいたりします。
この鉄道により、チベットが身近になり、観光客は毎日3から4千人訪れると予測されるそうです。
鉄道線路に沿って国道も走っています。その国道を五人の巡礼者がラサに五体倒地で向かっていました。何でも一日4キロしか進まない(一日2000回の五体倒地)、その地点までなんと4ヶ月かかって来ていて、あと3ヶ月かかるとか。彼らの向こうに走る青海チベット鉄道は半日もかからずにボタラ宮のあるラサにつく。
列車を見送る巡礼者に「どうおもわれますか?」とインタビューしたら、「わかりません」と答えていました。
四国巡礼に何日もかける人と、バスで2,3日で回る人との違いどころではないでしょう。
私も「わかりません」という気持ちは同感。


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

世界で日本語が通じる時 [旅]

タラップ前にチャーミングなお嬢ちゃまとパパ。うーんとっても可愛いとパチリ!
飛行機に乗り込んだら私のお隣にこのお二人。ふと見ると私の友人の席の隣が空いていた。そこで、
私:あ! すいません!
  こちらの方お子さんと二人では狭いから、私こちらに移りますけど良いですか?
スチュワーデス:×○△?@*○△!
私:どうぞお嬢様をこちらに、私こっちに移りますから
パパ:!□◇◎!**@@●▼**!
私:どういたしまして。本当に可愛いお子様ですね。
パパ:(ニコニコ)◎◎◎◎!!!!

席に落ち着いて、はっと気がついた!
スチュワーデスさんイタリア語、パパフランス語 私日本語 しかし通じた!
そして後で知ったこと、お嬢様ではなく男の子だった!


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行